水ダイエットの効果的な方法や期間は?口コミでは痩せたと好評!

私たちの体のほとんどを構成している水。

人間の体と水との間には、切っても切れない深い関係があり、上手に摂取することで私たちの体にさまざまなメリットをもたらせてくれます。

そして、水には「ダイエット効果」があるということを知っていますか?

今回は水を取り入れた「水ダイエット」の効果や正しい方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

水と人との関係

images (82)

出典:www.engineeringwellness.com

私たち人間の体というのは、約60%水でできています。

体の成長過程で体の水分量は変化し、胎児は体重の約90%、赤ちゃんは約75%、子供は約70%、成人では約60%、老人では50%と年齢を重ねるにつれて水分量は減少していきます。

歳をとって成長するにつれて、水分の割合が減少していくのは、体に必要な脂肪分がついた分だけ水の割合が少なくなるためです。

成人が必要とする1日の水分量は、約2000mlであり、2リットルのペットボトル1本分です。

勿論この必要量すべてを飲み水で補う必要はなく、食べ物にも水分は含まれているため、大抵の人は食事によって水分補給を行い、必要量を摂取しています。

スポンサーリンク

水ダイエットとは

voda1-300x270

出典:www.sarajevotimes.com

水ダイエットとは、日々の生活のなかでもっとたくさんの水を積極的に摂取して痩せようという、非常に簡単なダイエット方法です。

私たちの体の大半以上を構成するのが水であり、「人間の体は水でできている」といっても過言ではありません。

私たちには欠かすことのできない水ですが、実際のところ、ほとんどの人が必要量の水を摂取できておらず、私たちの体というのは常に水不足におちいっており、理想とする水分摂取量に達していないことがほとんどなのです。

そこで自ら積極的に水を摂取して、自分の体に必要な量を取り込み、不要な老廃物を排出して、無理なくデトックスを促して痩せるという方法です。

短期間で急激に体重が落ちるような即効性のあるダイエットではありませんが、体の内側からキレイになることができ、健康的にリバウンドの心配なく体重を落とすことができるダイエット法です。

スポンサーリンク

水ダイエットで痩せられる理由

water--z

出典:www.hellomagazine.com

水を毎日飲むことによって痩せる水ダイエット。

なぜ水を飲むことがダイエットに繋がるのでしょうか。

水ダイエットでは、利尿作用を促すことによるデトックス効果で代謝の向上を図ることができます。

また、便秘の解消や食べ過ぎの防止にも効果が期待でき、水はノンカロリーであるため、体に脂肪として蓄積される心配もなく安心して痩せられるというわけです。

デトックス効果による新陳代謝のアップ

私たち人間の体内細胞は、水分を利用して代謝しています。

そのため、水分をたくさん摂取することによって、基礎代謝を向上させてやることができるのです。

加えて、水分を積極的に摂ることで、血液やリンパの流れもよくなるため、体内に蓄積している老廃物を体外へ効率よく排出されるため、新陳代謝の促進につながるのです。

体の中の不要物を取り除き、体内を洗浄するデトックス効果によって体の内側からキレイになり、代謝を活性化させて、太りにくい体質を作ってくれるのです。

便秘の解消

水分を必要量飲むことで便秘が改善される効果も期待できます。

一度にたくさんの量の水分を摂取してしまうと、下痢になる恐れがありますが、こまめにたくさんの水を飲むことで、便に程よい水分がいきわたり、便通が改善される場合があるのです。

特に朝の目覚めの一杯は、非常に便秘の解消に効果があるとされているので、毎日飲む習慣を身に付けるようにしましょう。

早朝のコップ一杯の水の摂取は、睡眠中に失われた体内の水分を補充し、胃腸を刺激・活性化する働きがあるため、消化機能を高めることができるのです。

消化機能の向上はそのまま新陳代謝の向上につながるため、腸内環境が改善される便秘の解消や朝一番の水の摂取はダイエットに役立つのです。

満腹感による食事の食べ過ぎ防止

日常的に水をこまめに飲むことで、常にお腹がある程度膨れた状態となり、空腹感をあまり感じなくなります。

すると、おのずと毎食事の食事量を減らすことができ、減量がしやすくなります。

また、食事の前にコップ一杯の水を飲むことで、一時的ではありますが満腹感を感じられ、食欲を抑制させ食べ過ぎを防止してくれます。

スポンサーリンク

水ダイエットの方法

水をこまめにたくさん飲んで痩せるというのが水ダイエットですが、効果的に痩せるためには水を飲むタイミングや量、種類などのポイントがあります。

水ダイエットの効果をい十分に発揮できるようしっかりとポイントを押さえて取り組んでください。

水を飲むタイミング

水ダイエットを実践する上で、非常に重要となるのが水を飲むタイミングです。

特に食事前に飲む水というのは、水によって胃液が薄まり、胃袋が水で満たされて食欲がなくなるため、食事量が減り食事での摂取エネルギーを抑制する効果があるという研究結果もあるため、ダイエットには最適なタイミングと言えるのです。

食前に水を飲むとことで、食事によって摂取するエネルギーを75~90kcalも減らすことができるといわれています。

逆に食事中にたくさん水を飲んでしまうと、摂取物を消化する働きがが弱まってしまうため、ダイエットには良くありません。

水ダイエット中は1日3食ある食事の前に、コップ2杯のお水を飲むようにしてください。

また、朝起きて目覚めのコップ1杯の水も健康、特にダイエットにいいとされています。

睡眠中に消費した水分を補うとともに、胃腸にしっかりと水分を供給してやることで、消化機能を高めて新陳代謝をアップさせる働きがあります。

早朝目覚めたら、まずコップ1杯のお水を飲むことを習慣付けるようにしてください。

また、喉が渇いた時に一気飲みをしてしまうような摂取の仕方は、ダイエットの観点から言えば避けたほうが良く、少量をこまめに気づいたタイミングで飲むのがいいとされています。

そのためにも、常にペットボトルの水を持ち歩くようにし、いつでも水分補給できる状態にしておくのが良いと言えます。

飲む水の量

水ダイエットを実践するにあたって、最も重要と言えるポイントの1つが、「1日どれくらいの量のお水を飲めばいいのか」ということです。

冒頭でも軽く説明しましたが、「成人が1日に必要とする水分量は2000ml」と言いましたし、ダイエットでは通常「1日2リットル飲むのがいいとされている」ともいわれています。

また、「2000ml(2リットル)も飲む必要はない」という意見もしばしば耳にしますから、実際にどれくらいの量の水を飲めばいいのか分からなくなってきますよね。

これら必要水分量に違いが出るのにはいくつか理由がありますが、その中の1つに私たち人間の体というのは、身長や体重、筋肉量、体脂肪にそれぞれ違いがあるため、という理由です。

体格が違うと筋肉量や体脂肪率は変わってきますし、男性と女性では体重差・筋肉量差に圧倒的な開きがあります。

そのため、全員が全員同じ量の水を摂取する必要はないとされています。

では一体、1日にどれくらい水を飲めば良いかというと、自分の体重の4%の量を目安にするといいとされています。

自重の4%との水というのは、例えば体重が60kgの人の場合であれば、
60×4%(0.04)=2.4リットルの水分量になるというわけです。

水はたくさん飲めば飲むほど痩せられるかというと、そういうわけでもなく、あまり飲み過ぎてしまうと、かえって下痢になったり水中毒を引き起こす可能性もあります。

自分の体格に合った量の水を飲むようにして、体に負担なく健康的に痩せるようにしましょう。

飲む水は常温で

一般的に、みなさんの多くは飲料水は冷蔵庫で冷やしたものを飲んでいると思います。

水もお茶やジュース同様冷えたものを飲むという人も多いはずです。

夏場の暑い日には、キンキンに冷えた水を一気に飲みたくなってしまいますよね。

しかし、水ダイエットで好ましいとされているのは、冷蔵庫や氷で冷たく冷やされた水ではなく、常温の水であり、水ダイエットで効果的に痩せたいのであれば、冷水は避けるようにしましょう。

冷たい水というのは、勢いよく飲んでしまうと、代謝に深い関係を持つ内臓器官を冷やすこととなり、身体の内部の組織を冷やしてしまい、内臓機能ひいては代謝機能を低下させてしまいますし、体調を壊すこととなる原因にもなってしまいます。

逆に、水を沸騰させた温かいお水、白湯を飲むと血液の流れが改善され血行を促進し、内臓も温められるので代謝機能が向上し、脂肪燃焼効果ご高まり基礎代謝も良くなるので、より痩せやすい体になります。

水ダイエットでは冷水は飲まないようにし、常温の水、より効果を高めたいのであれば水を温めた白湯を飲むようにしてください。

アルコールやカフェインの摂取時に注意

ダイエットをしていても会社や友人との付き合いで、水以外の飲料水を飲むことがどうしてもありますよね。

会社であれば飲み会がありますし、友人とはカフェに良く入るという人も多いと思います。

居酒屋でお酒、カフェでコーヒーなどを飲んでしまった時に注意して欲しいのが、これらの摂取時は必ず「水を飲んでリセットする」という意識を身に付けるということ。

お酒やコーヒーに含まれるアルコールやカフェインなどは、体内に取り込んで分解し、排出するために多くの体内の水分を使用するため、たくさんの水分が奪われてしまうのです。

水分を失った身体は水分不足の状態に陥っているため、できるだけ早急に水を摂取して体内に水分を供給してやるようにしましょう。

また、アルコールやカフェイン同様冷え、お菓子などの砂糖をたくさん含む甘いものも、水を飲んで薄めてやるようにして、リセットを図ってください。

スポンサーリンク

水ダイエットで飲む水の種類は?

ひとくちに水と言っても、その種類は様々であり、市販されているミネラルウオーターや炭酸水、水道水などがあり、ミネラルウオーターには軟水と硬水とに分けることができます。

水ダイエットをするにあたって気になるのが飲むべき水の種類。

実際のところ、水ダイエットで飲む水の種類はなんでもいいとされ、自分に合った水、つまり継続して飲み続けられる美味しいと感じる水を選ぶと良いです。

というのも、それぞれの種類の水にメリット・デメリットがあり、どの水も成分や価格、味などの面で一長一短といえるからです。

ですから、水ダイエットで飲む水は自分が飲みやすいと感じるものを選ぶようにしてください。

それぞれの特徴について、水の種類ごとにそれぞれ紹介します。

軟水

日本人と最も馴染み深く、相性が良いとされているのが軟水です。

市販されているミネラルウオーターも軟水のものが多く、口当たりがまろやかで飲みやすいのが特長です。

軟水は硬水よりもミネラル量が少ないですが、ストレスなく継続して飲むことができるため、普段あまり水を飲み慣れていない人は軟水がおすすめです。

硬水

軟水よりもミネラル量が多く含まれダイエットにより効果的とされているのが硬水です。

最近では市販されているミネラルウオーターのなかにも硬水をよく目にするようになり、以前よりも手に入りやすくなりました。

硬水に含まれる豊富なミネラル成分は水分の巡りが良く腸内環境を改善してくれるため、ダイエットにいいとされています。

軟水に比べ、多少クセのある口当たりであるため、飲みづらく感じて人によっては継続して飲むのが困難という人もいます。

水道水

日本の家庭の水道水のほとんどは、一部地域を除いて軟水です。

一昔前は地域によっては、水道水なんて飲むのはもってのほかというのが一般的な認識でしたが、浄水機能の向上により、かつてほどの地域差もなく飲料水として飲めるようにはなりました。

それでもやはり、水道水には殺菌のための微々たる塩素が含まれているため、臭いや風味が悪く感じる場合もあり、市販されている軟水よりも飲料水としての質は劣ってしまいます。

ですが、水ダイエットとしての効果は得られるため、ダイエット経費の削減をはかりたい場合は水道水を利用するのも一つの手です。

炭酸水

水ダイエットを炭酸水を利用して行われる場合もよくあります。

炭酸水はお腹の中で膨れるため、食前での摂取で食事量を大幅に抑制することができ、ダイエット効果は抜群といえます。

しかし、硬水以上の飲みにくさと経済的にも圧迫されるため、根気と経費が必要となります。

スポンサーリンク

水ダイエットのメリット

水ダイエットのメリットは、単に痩せるといったダイエット効果だけではありません。

水を一定量日常的に飲むことによって、身体に様々な嬉しい効果が期待できます。

美肌効果

水をたくさん摂取してやることで、お肌の調子はとてもよくなってきます。

全身に水分が巡ると同時に便秘も解消され、デトックス作用が促進されて、体内に蓄積していた老廃物が排出されることによって、お肌のニキビや吹き出物ができにくくなります。

また、身体にたくさんの水分が取り込まれることで体細胞が潤され、乾燥肌も改善してくれます。

ハリ・ツヤがあるお肌の綺麗な赤ちゃんは、体内の水分量が約75%もあるのに対し、高齢者の体内の水分量は、50%近くまで減少してしまいます。

赤ちゃんと高齢者のお肌を比較してみると一目瞭然ですが、肌の潤いというのは細胞自体の水分量に左右されるのです。

そのため、しっかりと水を摂取してやることで、細胞に水分を与えてやり、お肌に潤胃を与えることにつながるのです。

シミやシワの原因も、お肌の水分量が減少したことで引き起こしやすくなります。

乾燥した潤いのないお肌というのは、細胞に活気がなく、新陳代謝も低下してシミやシワ、たるみができやすくなるといった悪循環を生んでしまいます。

水をたくさん飲むということは、ダイエット効果だけでなく、細胞にも水分を与え若々しいお肌もつくりだしてくれるのです。

むくみの解消

女性の多くはむくみ、特に下半身の足のむくみに悩んでいる方は多いと思います。

仕事を終えて夕方を過ぎたあたりから、急に靴がキツく感じたり、足にダルさを感じたりとつらいですよね。

足のむくみを引き起こす原因にはいくつかありますが、そのひとつに老廃物の蓄積があげられます。

むくみというのは、疲労の蓄積や冷え、圧迫などによって血流やリンパの流れが悪くなって、体内の老廃物が細胞の隙間に蓄積することで引き起こす症状と言われています。

水を摂取することで、デトックスを促し体内の老廃物が滞るのを防いでやることで、むくみを予防することができます。

また、むくみの症状が出てしまった際に水を飲むことで、デトックスによって体内に蓄積した老廃物を体外へ排出できるため、むくみを解消してやることができます。

病気予防

水を積極的に飲むことで、血流が良くなると同時に血液もサラサラとなるため、あらゆる病気の予防となります。

血行を促進てやることは代謝の向上にも繋がるため、あらゆる病気を引き起こす原因となる肥満を予防できますし、血液がサラサラになることで血栓や動脈硬化といった、病気の原因となりうる血管の不具合が生じにくくなると言われています。

スポンサーリンク

まとめ

毎日水を飲むというのは、一見簡単なようでなかなか継続させることが難しく、水ダイエットは効果を実感する前に断念してしまうケースもよくあります。

ダイエット目的であるなる「自重の4%」を目安とするべきですが、その目安量に達しなかったとしても、水をこまめにたくさん飲むということが健康に良いことは間違いありません。

モデルや女優の多くが実践している水ダイエット。

いきなり規定量の水を飲もうとしなくてもよく、徐々にでいいので多くの水を飲んで効果を実感できるように頑張ってみてください。