ワインでダイエット!赤と白ならどっちが効果的?

お酒がダイエットと結びつくなんて、考えた事がない人も多いでしょう。

お酒というとまず思い浮かぶのがビール。

ビールはのど越しが良く食欲を増進させる効果も持っている為、カロリーオーバーになりがちです。

そんな中お酒好きに朗報、フランス産ボジョレー・ヌーボーでもおなじみのワインにダイエット効果があり、ひそかにネット記事や口コミで話題・人気のダイエットとなっているのです。

今回はワインダイエットの効果や方法、注意点などについてご紹介します。

スポンサーリンク

 ワインダイエットとは

two-types-of-wine-1761613_960_720

ワインとは主にブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料のことを指し、お味噌やヨーグルトと同様の発酵食品です。

お肉料理や魚料理など食事に合わせ赤ワインや白ワインを選んだり、料理とのマリアージュを楽しむ代表的なお酒ですよね。

甘口や辛口など好みもありますが、柔らかい口当たりと爽やかな風味はあまり人を選ばない為、アルコールは基本苦手だけれどワインなら飲める、という人も少なくありません。

ワインと言っても種類は様々ありますが、おおよそのカロリー(100mlあたり)は以下となります。

  • 赤ワイン  73kcal
  • 白ワイン  73kcal
  • ロゼ    77kcal
  • シャンパン 100kcal

カロリーだけ比較するとシャンパンはだんとつに高く、赤白は違いありません。

ブドウの品種と製造方法が様々あるとは言ってもワインの原料はブドウですので、カロリーにこんなにも違いがあるのは不思議に思う人もいるでしょう。

なぜ違いがあるのか、それはアルコール度数とカロリーが比例するからなのです。

つまりワインの中でもアルコール度数が高いものほど、カロリーが高くなるという事。

ワインのアルコール度数を比較すると赤ワイン11〜14%・白ワイン7〜14%・シャンパン11度以上。

アルコール自体にカロリーが存在し、アルコールは1gあたり7kcalのカロリー。

比較対象として1gあたりの炭水化物のカロリーは4kcal、脂肪のカロリーは9kcalなのでこれをみても飲料であるのにアルコールが高カロリーなのが分かりますよね。

それではアルコール度数が高い→高カロリー→太るという流れが正しいのか、というとそれもまた違うようです。

人の体にアルコールが入った際、そのカロリーは体内に蓄積されずに熱として放出され、その結果アルコールのカロリーは摂取しても体に留まりません。

つまり、太ることのないカロリーと言えるのです。

それでは太る原因はなんなのか、その正体は糖質。

糖質は体に脂肪として蓄積されるカロリーなので、ダイエットの敵。

お酒は蒸留酒と醸造酒の2種類に大きく分ける事ができ、醸造酒はビール・ワイン・日本酒など、蒸留酒はブランデー・ウイスキーなどです。

醸造酒には糖質が含まれており、蒸留酒には糖質が含まれていません。

ですので糖質で考えるとウィスキーのほうがワインよりは太りにくいのですが、万人に飲まれるお酒でもなくダイエット効果は他の理由もある為、ワインがおすすめと言えます。

みなさんがワインの健康効果や美容効果でまず思い浮かぶのは、ポリフェノールではないでしょうか。

ポリフェノールは赤ワインに多く含まれている成分であり、アンチエイジングに役立つ事で知られていますが、ワインにはこの成分だけでなくダイエットに効果的な成分を含んでいるのです。

また赤ワイン・白ワインは各々異なる成分を持っているので、体質や体型によって飲み分ければより効果を実感しやすいのです。

これまで何も気にせずワインを飲んでいた人は、是非ワインダイエットの方法を理解し楽しみながら減量に役立ててみてください。

スポンサーリンク

ワインダイエットの効果とは

wineglass-553467_960_720

ワインダイエットに効果があるのは赤ワインなのか白ワインなのか、実はどちらも別の理由で効果があるのです。

脂肪太りの人は赤ワインでダイエット、むくみ太りの人は白ワインでダイエット、というのが答えです。

その理由を以下でご紹介します。

赤ワインの効果

赤ワインには豊富なピセアタンノールという成分があり、若い脂肪細胞が生まれるのを遅らせたり、脂肪細胞の成長を防いだりする効果が期待できます。

またインスリンという成分がホルモンに作用し、脂肪細胞を作り出す細胞の活性化を阻止する働きがあり、肥満のコントロールを可能にするという事が研究で発表されました。

そして忘れてはならないのがポリフェノール。

ポリフェノールとは植物の色素や苦味などを生み出す成分の総称であり、抗酸化作用が強いのが特徴。

血液中にある悪玉コレステロールの酸化を防止し、動脈硬化を予防する効果が報告されています。

特に女性には嬉しい体の老化を遅らせる美容の効果と、脂質の吸収を抑える効果も見込める事。

赤ワインは脂質の多い肉料理に合うと一般的にいわれているので、理にかなっていると言えます。

これらの作用を見ると、脂肪太りの人には赤ワインがおすすめなのです。

白ワインの効果

赤ワインと比べ、白ワインはデトックス作用が強いのが特徴と言えます。

カリウムという成分が体内の水分代謝を整え、余計な水分を排出させてむくみ太りの予防・改善を促してくれるのです。

またあまり知られていませんが、カルシウムも豊富に含まれておりミネラルバランスを整える事により、女性に多い骨粗鬆症を防ぐ効果も。

そしてなんといっても有機酸の働きです。

果実や野菜から作られる酸の事を有機酸と言いますが、白ワインにはブドウ由来のリンゴ酸や酒石酸などが含まれています。

白ワインが持つアルコールと有機酸、この2つの消毒効果により相乗効果を発揮し、はるかに高い殺菌効果の期待ができます。

その働きにより腸内のphを下げて弱酸性に保ち、善玉菌を残したまま悪玉菌を減らしてくれる効果で腸内環境を健やかに整えてくれます。

便秘解消や下痢解消そして大腸がんの予防にも効果があるので、お通じに悩んでいる人には非常におすすめです。

腸内環境が悪いと老廃物が溜まり、身体のむくみの原因になります。

むくみや便秘に困っている人、白ワインのデトックス効果を上手く活かしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ワインダイエットの方法とは

alcohol-1853380_960_720

それではワインダイエットの方法についてご紹介します。

飲む量

ワインはアルコール飲料ですので、言う間でもなく飲みすぎはNGです。

たくさん飲めば健康を損なう可能性もありますので、1日にワイングラス1.2杯程度の適量を守るようにしてください。

また休肝日も設けるようにしましょう。

飲み方

飲む量だけではなく、飲み方もダイエットを成功させるポイント。

ビールや酎ハイ等のように一気に飲むのではなく、おつまみなどと一緒に「ゆっくり」と味わってください。

時間をかけて飲むことで脳の満腹中枢が刺激されるので、早食いや食べ過ぎを防止してくれますよ。

食事量が自然と減る為、摂取カロリーもおのずと抑えられます。

おすすめのワイン

ワインダイエットを行う上でおすすめなのは、ジュース感覚でガンガン飲めないワインです。

甘口で口当たりが良いものはつい飲みすぎてしまいますし糖も多いので、辛口めのものや味が濃いものを選ぶのがおすすめです。

近年糖質カットのビールも流行っているからか、糖質カットのワインも販売されているようですのでそちらを試してみるのもいいかもしれません。

ワインを飲むとは言っても酔っ払うことが目的ではない為、アルコール度数は低めのもののでそれぞれ健康に害のないワインを選ぶようにしましょう。

ワインダイエットに適している人

ダイエットしたいけれど毎晩の晩酌がやめられない、そんな人には是非そのお酒をワインに代えてみてほしいです。

また、つい早食いしてしまったり食べ過ぎてしまったり、そんな人にもおすすめします。

体質の改善・太りにくい綺麗な身体を目指したい人は赤ワインダイエット、むくみが気になる身体のデトックスを行いたいという人は白ワインダイエットを是非お試しください。

スポンサーリンク

ワインダイエットの注意点とは

wine-2647542_960_720

ワインダイエットというアルコール飲料のダイエットなので、デメリットや注意点がないか気になりますよね。

しっかり注意点は確認しておいてください。

飲みすぎないようにしましょう

ダイエット効果を期待するあまりに飲みすぎてしまう人がいますが、それは絶対にやめてください。

内臓に負担をかけ健康を害してしまっては、ダイエットどころではありません。

赤白問わず、1日1〜2杯という量を目安にする・休肝日を作る、この2つを徹底してくださいね。

またお酒が飲めない体質の人や妊婦や病気の人は、飲むのはやめましょう。

おつまみを食べ過ぎないようにしましょう

ついつい美味しいおつまみがあると食べ過ぎちゃう人も多いのではないでしょうか。

生ハムやチーズ、お肉やお魚などワインが合う食品はたくさんありますよね。

もちろん食べる事を禁止にはしませんが、ゆっくり食べゆっくり飲む事の意識を忘れないようしましょう。

低カロリーのおつまみに悩んだら、野菜スティック・グリルした野菜・•きのこのマリネなどはいかがですか?

ワインをダイエットの敵に回さないようおつまみにひと工夫し、ワインの飲み過ぎ・おつまみの食べ過ぎには気をつけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

wine-2891894_960_720

赤ワインで使用されるブドウは黒ブドウ、白ワインで使用されるブドウは白ブドウ。

色・種類によって効果が違うというのは、知らない人がほとんどだったでしょう。

ワインを飲みながら体重が落ちるというまるで夢のようなダイエット。

食事の制限や糖質制限などの厳しい管理は特に必要ないため、お酒が好きな人であれば気軽に続けられるストレスフリーなダイエットではないでしょうか。

定期的な運動をなかなか継続できない人や、痩身サプリを飲み忘れてしまう人にももってこいだと思います。

体質や体型によりワインの種類を変えて飲んでいけば、脂肪燃焼効果や美容効果など自分で実感する事ができるでしょう。

普段飲んでいる炭酸飲料や焼酎をワインに変更し、普段の食事をゆっくりと時間をかけて食べるだけ。

くれぐれも飲みすぎにだけは注意し、楽しくリラックスしながら試してみることをおすすめします。

むくみ・便秘・脂肪それぞれ持っている悩みが、着実に解消されていくはずですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加