痩せる生活リズムを築いて知らない間に痩せよう!

近年様々なダイエット方法があり、ダイエットしたいと思うとどのダイエット法を選ぼうか悩んでしまう人も多いはず。

食事制限ダイエット・運動ダイエット・酵素ダイエット・短期ダイエットなど様々なダイエットプランがある中で皆さんはどのようなダイエットに挑戦した事があるでしょうか?

そしてダイエットの結果、ダイエット成功者はどれほどいるのでしょうか?

ダイエットをしても思ったように減量ができなかった、ダイエット成功したと思ったらリバウンドした、など失敗経験がある人もいるでしょう。

その一方で特に身体に対して気を使ってない人が体重が減少していた事も実際あります。

この違いはなんなのか?

それは生活リズムや生活習慣の違いが関係している事が多いのです。

減量するためにはどのような生活を送っていく事が効果的であるのか、今回はおすすめの生活リズム・生活習慣をご紹介します。

スポンサーリンク

生活リズムによっては痩せない身体をつくっている?

pocket-watch-3156771__340

食事制限や運動をしても痩せない人、それは意外な落とし穴にはまっているかもしれません。

それが生活リズム。

ダイエットを始める際、どのようなダイエット方法を試そうかと自分自身で選択する人が多いですが、これがまず間違い。

そもそもなぜ世の中に痩せている人と太っている人が存在するのかについて、考えてみてください。

もちろん体質もあり個人差もあるとは思うのですが、痩せないと感じている人は日々の生活のリズムが乱れている可能性があります。

ダイエット法を選定する前に、自分自身の生活リズムを見直すのがいいでしょう。

まずダイエットで大切になる事が基礎代謝を上げることなのですが、生活リズムが乱れてしまっていると基礎代謝自体も大きく乱れるので、ダイエットでいい結果がでないのです。

スポンサーリンク

生活リズム改善のポイント「体内時計」とは

pocket-watch-2036304__340

生活リズムを乱す原因として考えられるのが、体内時計。

人は1日の周期においてリズムを刻む体内時計が備わっているのですが、これは意識的に行うものではなく自然と当たり前に行っているものなのです。

日中起きている時間帯は身体と心が活動状態に入っており、夜の眠る時間帯に入ると自然と休息状態に身体がむかっていきます。

体内時計にはこのように自然な働きが備わっているのですが、これが乱れてしまっているとダイエットにも影響がでてきてしまいます。

これは日常生活の過ごし方によって、基礎代謝つまり消費エネルギーにバラつきが起こり、結果睡眠時間の偏りや食事を1食抜くといった事をしていると、身体に悪い変化が出て肌荒れや便秘等を発症します。

体内時計を乱す事=生活リズムが乱れている事が大きな原因となり、疲れやすい体になったり、太りやすい体質に繋がっていくのです。

その為、体内時計が乱れてしまっている人や乱れてしまっている可能性がある人は、まずリセットし改善する必要があります。

体内時計をリセットする為には、4つポイントがあります。

毎日同じ時間に起きる事

平日に仕事をしている人であれば可能かと思いますが、休日どうしても遅く置きたいという人は平日との起床時間の差は2時間までにとどめるようにしてください。

起床したら太陽を浴びる事

これは体内時計と深く関係しており、朝日を浴びることで体内時計がリセットされて、活動を促進させる効果があります。

毎日朝食を食べる事

これは起床したら太陽を浴びる事と同様、体内時計がリセットされます。

朝食を食べる事で脳へ刺激が伝達され、目覚めやすい身体へと変化していきます。

夜は出来る限り光を浴びない事

光とはテレビの明かりもそうですが、メラトニンという物質が関係しており、夜になると「メラトニン=眠りを促すホルモン」が分泌されるのですが、光を浴びることにより分泌する量が低下し睡眠を妨げる原因になるのです。

この4つのポイントをぬかりなく行い、体内時計をリセットすることができれば、ようやくダイエットをするための準備が整います。

スポンサーリンク

痩せる生活習慣とは

girl-1733352__340

上記では体内時計をリセットし、生活リズムを正しくするポイントをご紹介しましたが、ここではダイエットを行うにあたっておすすめする生活習慣をご紹介します。

生活習慣は今まで生きてきた過ごし方や生活にわたり自然と身についたものであり、

無意識な部分が多くあると思います。

ですので生活習慣や生活リズムを変えるという事は言葉で言うよりも非常に難しい事と言えるでしょう。

ダイエットの決意をしたのであれば、生活習慣や生活リズムを変えることを覚悟する必要があります。

肥満が生活習慣病と捉えられてしまうのと同様、生活スタイルと体重は大きく結びついているので痩せたいのであれば、生活習慣の見直しが必要なことが多いのです。

減量すると考えるとストレスの多い生活を想像するかもしれませんが、生活習慣の改善は意外と普段の生活を見直し意識するだけで思う程大変な事ではないです。

ご紹介する生活習慣をまずは1週間続けてみましょう。

何事も継続が大切です。

自分の生活を見直してみましょう

まずは自分自身の生活においてどこが乱れているのか、太る原因があるのかを探してみましょう。

日頃何気なくしている行動が問題ないのか、無駄になっていないのか、自分なりに検討すると意外と簡単に見えてきたりします。

効果的にダイエットを行う為には、自分自身にストレスなく改善できる事なのかどうか、しっかり見極めることが大切です。

生活習慣の改善をはかり、最終的に良い生活習慣を自分のものにすれば、リバウンド防止やダイエット継続のベースができますよ。

1日3食食べましょう

生活リズムを整えるという為にも、必ず1日3食の食事を摂るようにしましょう。

その上で気をつけてほしいのが、3食における食べる量です。

不規則な生活を強いられている人にとってみるとなかなか難しい可能性もありますが、

朝食・昼食・夕食きちんと食べ、量を調整してください。

まず大事なのは、朝食を必ず食べる様にしてください。

朝食をとることができれば、内臓機能が活発になるので代謝がアップします。

昼食も食事バランスは考え、しっかりと食べる事に問題ありません。

そして夕食は、できれば食べる量を抑えるようにしてください。

夕食が一番食欲もあり食べたくなるのは分かるのですが、ここで一気に食べてしまうのはあまりよくありません。

夜の時間帯というのは昼の活動する時間に比べ、エネルギー消費は少ない為その消費に合った食事量がベストなのです。

また就寝2時間前までに夕食は終えている事をおすすめします。

これは胃腸が活動してしまうので、夜中に目がさめてしまったり睡眠の質を下げる事に繋がる可能性があるからです。

水分をきちんと摂りましょう

ダイエットを行っていくうえで意外と多いのが、水分不足になってしまう人。

水分を摂取するという事は同時に代謝を促進させる働きがあり、また身体に残っている老廃物を体外へと出してくれる働きがあるのでしっかり摂る必要があります。

理想の目安量としては、1日に1.5リットルから2リットルほどを飲むようにするといいでしょう。

睡眠をしっかりととりましょう

体内時計により夜になれば自然と身体は休息状態になっていくのですが、この状態はメラトニンの物質が分泌され始めることが原因。

メラトニンはおよそ22時以降から2時くらいまでの時間に多く分泌される為、この時間は寝ている状態であるのが理想的です。

しかしながら眠くなったなと感じた時が睡眠に適しているので、あまりこだわり過ぎるのもよくないので、その時間を意識するようにしてみてください。

運動をするようにしましょう

一番おすすめな運動方法は、筋肉を鍛えるなどの無酸素運動後にウォーキングなどの有酸素運動です。

基礎代謝は1日の消費エネルギーの70%近くを占めているので、この代謝を高めるのが太らない身体になるための近道。

基礎代謝で消費されるエネルギーというのは筋肉の為に使われることが多いので、基礎代謝をアップさせるには筋肉をつけて燃える体を作ることが大事なのです。

基礎代謝を上げるのに必要な筋肉をつけるためにはダンベルや筋トレなどの無酸素運動を実践しましょう。

無酸素運動で基礎代謝を高めた後に、有酸素運動をし脂肪を燃やせば効率よくエネルギー消費でき、痩せやすい体に。

有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳などを20分ぐらいで無理なく続けるのがいいでしょう。

また運動がする時間がない!そんな人ももちろんいるでしょう。

そのような人は日常生活でなるべく歩く事を意識するようにしてください。

エスカレーターやエレベーターを使用せずに階段を使用するなど、意識して生活習慣を変え運動習慣を身に着けるようにしましょう。

特に午前中のうちに体を動かす事ができれば、そのまま高代謝の状態が続き脂肪燃焼効率が良く過ごせますよ。

目標を立てましょう

恋をしている時女性は美人になる・綺麗になるなんて言いますが、これは女性の心理から知らないうちに自分に磨きをかける注意に気を配り、ホルモンバランスも良い方向に進んでいくからです。

ダイエットでも同じです。

ダイエットで減量する事も大切かも知れませんが、結果どうしたいか・どうなりたいかという目標を持ってその体型を維持することがダイエット成功のカギです。

ダイエットは目標意識・自分に合った正しい生活習慣・意志の強さが重要ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

痩せる生活リズム、いかがでしたでしょうか。

ダイエット頑張っていてもどうしても痩せない、それどころか太ってしまった気がすると思う人は、まずダイエットする前に日々の生活習慣や生活リズムの見直しをおすすめします。

意外と自分の生活を見直してみると、気づかなかった事や発見があるかもしれませんよ。

生活習慣や生活リズムを改善しただけで痩せたという人も、実は意外といるのです。

また生活リズムがしっかりとついたお陰で、起床時も気持ちよく、睡眠も質の良いものがとれるようになった人もいます。

痩せるだけではなく、このような効果もあるので是非一度生活を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加