痩せる汗と痩せない汗の違いとは?痩せる汗のかき方を紹介

汗は体内から流れますが、表面的にはどんな汗でも同じかもしれません。

しかし痩せるための汗という観点から見れば、汗の種類は異なります。

汗をかくことで体内の水分は放出されますが、汗をかいても痩せないケースがあります。

それは脂肪が燃焼していない可能性があるのです。

痩せる汗というのは聞き慣れない言葉かもしれませんが、ダイエットを志す人にとっては大切なことです。

この記事では痩せる汗に焦点を充てて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

痩せる汗をかくにはどうすればいい

gym-room-1180062_1920

痩せる汗を出すことは、体脂肪が多い人にとって大切なことです。

痩せる汗とは脂肪燃焼効果が高い運動によって、体内から外に放出されます。

運動ダイエットは、これを目的にしています。

運動にはいろいろな種目がありますが、運動ダイエットは目的が明確です。

運動にダイエット効果を期待するのであれば、迷わずに運動ダイエットをしましょう。

人の体の筋肉がそれぞれ違うように、脂肪燃焼の効果の速度も違ってきます。

それでも正しい方法で運動ダイエットを行えば、脂肪燃焼力は増すでしょう。

慢性の肥満体型の人は、運動ダイエットに励みましょう。

スポンサーリンク

運動ダイエットにはどんな種類があるのか

people-2592247_1920

運動ダイエットが体の脂肪分を減らすのに、効果的なのは説明しました。

しかしどんな運動ダイエットをすればいいのかが、分からない人はいるでしょう。

以下の内容では肥満の解消に効果的な、運動ダイエットを紹介します。

運動ダイエットをしたからといって、急激に体重が落ちることはないでしょう。

しかし十分な量をこなし体内から汗を放出することによって、代謝は活性化していきます。

ジョギングダイエット

ジョッギングは有酸素運動で痩せる汗を、効果的に体外に放出します。

カラダの機能もジョッギングを続けることによって、活性化していくでしょう。

ジョッギングダイエットにとって大切なことは、いきなり無理をしないことです。

体内に熱が帯び苦しいときは、すぐに水分補給をしましょう。

体温が上昇したときに水分補給しなければ、水分不足になり熱中症になる可能性もあるので、注意が必要です。

ジョッギングは習慣にすれば、基礎代謝もアップしてきます。

それから習慣にすることによって、老廃物も放出できる期待が持てます。

体内の老廃物は美容にも、悪影響を与えると言われています。

美容に関心のある女性の方は、ジョッギングを始めてもいいでしょう。

ウォーキングダイエット

ウォーキングも有酸素運動ですが、痩せる汗をかくには効果的です。

しかしウォーキングは漫然と実行しても、効果は上がりません。

正しい方法で行ってこそ、ダイエット効果が期待できます。

ウォーキングはジョッギングと違って、暑い夏でも継続させやすいです。


ウォーキングするときは歩幅を大きくして、身体に負荷をかけましょう。

大きく足を踏み出すことと連動して、腕も大きく振りましょう。

ウォーキングするときは、胸をしっかりと張りましょう。

このウォーキング方法は、初心者の方はキツイかもしれません。

それでもカロリーは確実に消化します。

高い温度のときにウォーキングしていたら、体温が上昇する可能性があります。

そのときは体温調節のために、しっかりとミネラル水などの水分を摂りましょう。

体温調整は運動を継続させるための、ポイントになることがあります。

楽すぎるウォーキングは効果はありませんが、無理も決してしないようにしましょう。

エアロビクスダイエット

エアロビクスは有名なダイエット方法です。

エアロビクスは消費カロリーも高くて、痩せる汗をかきやすいです。

しかし一人では継続しにくいのが難点です。

エアロビクスを継続させようと思ったら、ジムに通うのがいいでしょう。

会社が運営しているジムが高いと思う人は、公共機関で提供しているエアロビクスのクラスを受講しましょう。

エアロビクスは全身を動かすので、バランスの良い運動と言えます。

最初の頃は汗の量が半端ではないと思いますが、継続することによって効果的なダイエット法になります。

スクワットダイエット

スクワットは有酸素運動ではないです。

しかし少ない回数でも、負荷をかけることによって効果が上がります。

これから紹介するスクワットはお腹と、背中の贅肉を落とせるスクワットです。

少ない回数でも効果があるので、継続しやすいでしょう。

このスクワットを継続すれば、太りやすい体質の改善に期待が持てます。

モデルは女性ですが、女性でも手軽にできるスクワットです。

このスクワットは狭い家でもできるので、生活の中に溶け込ませることが可能です。

スクワットはさほど汗はかきませんが、消費カロリーが高いです。

消費カロリーが高いので、少ない回数でもダイエット効果があります。

スクワットは汗の放出は少ないですが、負荷を考えると汗を出すことに匹敵するぐらいの、消費カロリーの高さがあると思われます。

このスクワットで注意すべき点は腰を落としたときに、両方の手をしっかりと広げて背中に負荷をかけることです。

背中の贅肉も落とすのが特徴ですが、最初のうちは10回するのも苦しいかもしれません。

スポンサーリンク

汗の種類

treatment-1327811_1920

今までは主に痩せる汗をかく運動を紹介してきましたが、汗に関連する基本知識を紹介します。

汗を作り出しているのは汗腺の機能ですが、作り出す汗は二種類あります。

汗によって体に働きかける作用が違います。

エクリン腺

一つは汗腺の一種類である、エクリン腺から出る汗です。

体温の調整をするための汗ですが、人の体は自然に温度調節ができるようになっています。

エクリン腺は無臭ですが、皮膚を酸性に保つ性質があります。

そのことによって美肌効果が期待できます。

成分的には、ほとんどが水分と言われています。

アポクリン腺

汗腺にはもう一つの種類があります。

アポクリン腺と呼ばれています。

この汗腺の特徴は思春期になれば、発達しやすいということです。

主に脇で発達します。

アポクリン腺から出る汗は匂いがきついですが、デトックス効果があると言われています。

デトックス効果とは、体内で溜まった有害な物質を排出する効果です。

体内には知らず知らずのうちに有害な物質が溜まりますが、アポクリン腺から出る汗によって排出してくれます。

有害な物質を生み出す元になっているのは、血液がドロドロになることが関係していると言われています。

汗のまとめ

汗をかくことは健康のために、いいというのは分かりました。

ほとんどの時間をエアコンがかかっている部屋で作業をしている人は、汗をかく機会が少ないと推測されます。

仕事なので仕方がないですが、軽い運動でもいいので汗をかいた方がいいでしょう。

エアコンを長時間利用する人は、体調を崩す人が多いです。

スポンサーリンク

運動以外で汗を放出する方法

sauna-3322351_1920

蒸し暑い夏ならばともかく、運動以外で汗をかくことはないと思う人がいるかもしれません。

でも意外に身近な場所でも、運動をしなくても汗をかく場所はあります。

それはお風呂です。笑

熱いお湯の中に長時間浸かっていると、汗をかいた経験のある人は多いでしょう。

より汗をかくには、サウナや岩盤浴が効果的です。

サウナはお馴染みで説明の必要はないでしょう。

しかし岩盤浴のことを、知らない人はいるのではないでしょうか?

岩盤浴は天然石を温めることによって熱を出しています。

それを体内に伝えることで汗が出ます。

サウナや岩盤浴は身近な施設にある

近所の風呂屋でも、サウナを常設しているところはあるでしょう。

最近は岩盤浴も町の風呂屋で、利用できる機会が増えてきました。

岩盤浴でかく汗はサラサラ汗で、サウナでかく汗とは異なります。

サウナでかく汗はベタベタした汗が多くて、サウナの後でシャワーを浴びなければ、気持ち悪い人もいるでしょう。

サウナと岩盤浴では汗を出すメカニズムが異なるので、汗の種類も異なってきます。

でも長時間利用するのであれば、サラサラ汗がかける岩盤浴の方がいいかもしれません。

サウナや岩盤浴で汗をかけば体内の水分が減り、一時的に体重が少しは減るでしょう。

しかしサウナや岩盤浴で汗をかいた後は、体温の調節のために水分を摂ってしまいますので、すぐに元の体重になる可能性が高いです。

汗をかくと同時に筋肉を鍛え、太りにくい体質にする運動ダイエットの方が、ダイエット効果には分があります。

町中にある大浴場には、トレーニング施設を併設しているケースがあります。

DOスポーツプラザにもサウナの施設がありますので、近所にDOスポーツプラザがある人は、利用しましょう。

地域によっては他にも、運動施設とサウナ施設を併設しているケースはあるでしょう。

インターネットや町の情報誌で探してみましょう。

どうしてもサウナや岩盤浴が苦手な方は、熱い湯に足だけを入れる半身浴でもいいでしょう。

インターネットで探す際に、注意すべきことがあります。

関連記事を読むうちに、スポンサーリンクと呼ばれる、リンクに誘導されることです。

多くは善良なリンク先ですが、中には悪質なリンク先もあるので注意が必要です。

しっかりと自分の責任で選別しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

still-life-2338824_1920

痩せる汗について説明してきました。

痩せる汗をかく目的は、ダイエットや健康のためでしょう。

しかし健康やダイエットは、総合的にアプローチした方がいいでしょう。

ダイエットの結果を焦り体に必要な、ミネラル分を摂らないのは短絡的な考えでしょう。

ミネラル成分には、ダイエットをサポートする働きがあります。

ダイエットのためには、糖質の摂取量にも気を付けましょう。

しっかりと食べて力を付けることは大切ですが、食事内容には気をつけましょう。

食べ物が原因で、太る体質をなるのは明らかです。

食事内容に気を配ることができた後は、この記事で紹介した運動ダイエットを実行してみたらいいでしょう。

できたら仲のよい友達と一緒に運動をした方が、継続という観点から見たらいいです。

理由は一人だと動機を保ちにくいからです。

ダイエット仲間が近くにいる人は、ぜひ一緒に運動ダイエットに励みましょう。